スタッフブログ

イベント報告趣味活動

どらやき作りました!

生きがい活動週間の先週は、おやつ作りをしました。
今回作ったのは、どら焼き。

まずは、生地の材料を混ぜ合わせます。2

 

その生地のタネを焼きます。5

3

4

 

焼きあがった生地を冷まします。6

 

この間にあんこを丸めます。1

 

生地が冷めたら、丸めたあんこを載せ、7

8

 

さらにクリームを載せ、もう一枚の生地で挟みます。10

 

そして、できあがり(*^_^*)11皆様、とても良い手つきで、この日の通所リハビリはまるで婦人会の会合のようでした。

 

 

さて、では「いっただっきまーーす!」16

15

14

13

12
おいしくて楽しいおやつ作りでした(^-^)

 

(通所リハビリテーション 平川優紀)

ページの先頭へ

イベント報告

初詣(通所リハビリテーション)

15日から20日にかけて、青井阿蘇神社へ初詣に出かけました。001

 

まずは、お参り。003

お賽銭を入れて、002

祈ります。004

005何をお願いされたのでしょうか?

 

お参りした後は、お守りやお札を購入されました。008

 

こちらはおみくじをひかれたのですが、006

なんと!大吉!!007自分たちもあやかりたいですヽ(^o^)丿

 

そして、最後は皆さんで、記念撮影。009

010
良い一年になりますように。

 

(通所リハビリテーション)

ページの先頭へ

イベント報告

人吉球磨の歴史・文化を学ぶ会③

続いては、五木・四浦班。20180117_194703

こちらは、このようなタイトルで始まりました。20180117_195003

そして、堂坂ヨシ子さん(有名な五木の子守唄伝承者です)の歌に合わせて、踊るなぞの人々。20180117_194844

しかし、話はここからです。
この歌のいわれ、天草の福連木地区との関係など、話はどんどん深まります。

そして質問コーナーでは、
「この子守唄を残した方がいいと思いますか?」
「どういう方法であれば、残せると思いますか?」
などと、難しい質問が飛びます。図3

この質問に対し、素晴らしい答えが。図4「そうですね。ツイッターで「今夜は五木の子守唄でぐっすり眠れました」とか投稿してみましょうか?」
会場は、とても盛り上がりました。

 

また保育士を長く続けてこられた方からは、歌い継ぐことの大切さを話していただきました。20180117_200414

 

 

 

そして、大トリは、人吉班のこちら。20180117_201227「球磨川下りの歴史」についての発表でした。

輸送に使われていた球磨川下り。
その後、観光船に。
様々な高名な方が乗られており、中には与謝野晶子氏も。
その与謝野氏の句碑があちこちにあるそうです。20180117_201530

そして、こちらの班も質問コーナーが盛り上がります。
「球磨川下りは必要ですか?」
「残した方が良いと思いますか?」
「どうやったら残ると思いますか?」図5これもまた、大きな問題です。

今回の発表会は、こうした文化財や伝統、風習などをどのようにして残していくのか?という大きな課題が明確になった勉強会でした。

 

さて、本年度取り組んだこの勉強会。
来年度からは、有志のみんなで同好会として取り組むこととなりました。
外部の方の参加も大歓迎です。
また、こちらのホームページで告知しますので、ぜひご参加ください。

(ペートル会)

ページの先頭へ

イベント報告

人吉球磨の歴史・文化を守る会②

続いての班は、球磨村班。IMG_5116

この村にも、たくさんの文化財があるのですが、IMG_5117

今回は住吉神社とIMG_5118

神瀬石灰洞窟の中にある熊野座神社。D690EE4A-E365-486E-B5A5-82316E6DD637どちらの興味深い神社でした。
住吉神社の例大祭で踊られるやっこ踊りの情報もいただきました。
ぜひ、訪れたいものです。

 

 

次の班は、免田班。20180117_191134

免田と言えば、岡留幸福駅。
駅の名前に「幸福」が入っているのは、ココだけだそうです。

 

そして岡留神社。20180117_191402

こちらもこの「幸福」駅の近くの為か、たくさんの高名な方が参拝され、絵馬の奉納をされています。
その中に、理事長や施設長の絵馬も(^-^)20180117_191636ご覧になりたい方は、ぜひ岡留神社へ。

そして、こちらが岡留神社の年間予定です。20180117_191649例大祭では、太鼓踊りがあるのですが、その踊りに当法人のスタッフも参加しています。
ぜひ、見に行ってくださいね(^^)/

 

そして、この日は岡留神社の跡取り神主さんである尾方さんが参加されていました。20180117_192233

せっかくなので、神社の説明を尾方さんにしていただきました。20180117_192346

 

 

続いては、上班。図2

こちらは、白髪神社の発表です。
取材に行った白髪神社の宮司さんがスライドで登場!20180117_192815

宮司さんに白髪神社について聞いたところ、20180117_192827とのお返事。
まだ500年程度の神社だからと、謙遜しておっしゃったようです。

 

さてこの神社のご神体は、こちらの白髪岳。20180117_193012

この神社では、この白髪岳を鏡にうつしており、その鏡の中の白髪岳に参拝します。20180117_193659

白髪岳の中に上宮があるという説明もあったのですが…
スミマセンっっ スライドがありませんm(__)m
興味のある方は、ぜひ登ってみて下さいね。

とここで、思いもかけぬ質問が。
「どうして、人吉球磨の神主には「尾方」性の人が多いのですか?」20180117_194225思いもかけない質問でしたので、こちらは岡留神社の尾方さんに答えていただきました。

 

さぁ、次の班に続きます。

(ペートル会)

ページの先頭へ

イベント報告

人吉球磨の歴史・文化を学ぶ会①

アップが遅くなってしまいましたが、18日に「人吉球磨の歴史・文化を学ぶ会」の2回目を行いました。IMG_5087

 

今回は錦町のチームからスタート。IMG_5088

IMG_5091

丸目蔵人の話から、IMG_5093

兵法タイ捨流。IMG_5095タイ捨流という言葉は知っていましたが、この「タイ」にこれだけの意味が含まれているとは知りませんでした。

そして、桑原家住宅。図1
錦町もなかなか奥深いです。

 

 

さて、続いては須惠チーム。IMG_5109

須惠チームは、阿蘇釈迦堂を取り上げました。IMG_5110

もともとは平等寺(現在は廃寺)に安置してあったこちらの仏像。IMG_5111真中は平安仏、両脇は鎌倉仏です。
この3体が盗難にあうという事件が、2004年に発生。
すべてが戻ってきたのは、2007年。
地元の皆さんの「ずっと拝んできたものだから、取り戻したい!」という熱意で、お金を出し合い取り戻されたそうです。

そんな仏像のお値段について質問が。IMG_5112

2班終わり、会場は熱気を帯びてきました。
さて、続きは次のブログで。

(ペートル会)

ページの先頭へ

カテゴリー

月別アーカイブ