スタッフブログ

イベント報告

寺子屋発表会

8/23午後からみのりホールで寺子屋の発表会を行いました。
この夏、自分たちが経験したことを、利用者の皆様の前で発表してくれました。

 

まずは8/2に行ったワークショップについて。image1 (3)
image2 (2)この5人が、絵と作文にまとめて発表しました。

 

 

次は8/3~4のキャンプについて。image1 (4)こちらは新聞形式でまとめています。
それぞれの経験と感じたことがよく伝わる内容でした。

 

この他にも歌を歌ってくれたり、この夏の様子をまとめたDVDを全員で観賞したりしました。

 

最後のこども達のあいさつの後、利用者の堀川様からすてきなおほめの言葉をいただきました。image2 (3)堀川様、ありがとうございます。
こどもたちも本当に喜んでました。

 

image1 (5)さてさて夏休みもそろそろ終わり。
みんなこの夏でみんな一回り大きくなった気がします。
日焼けした分、泳ぎもまた上達したよね☆
また、会える日を楽しみに待ってます\(^o^)/
学校がんばってね~応援してます!

 

(寺子屋)

ページの先頭へ

スタッフ日記

今日のたんぼ

今朝のたんぼの様子です。image1 (3)ここ数日、夕立が来ているので、なんだかたんぼも一息ついたように見えます。

 

稲穂はこんな感じです。
去年よりたくさん実っているような気がします。image2 (2)

葉はバッタちゃんたちがかなり食べているのですが、稲が困らない程度で留めてくれています。
バッタちゃんたち、食べすぎ注意でお願いします^_^

あちこちで台風が発生しているので、これからが心配ですが、無事に収穫できる日が楽しみです。

 

(ペートル会)

ページの先頭へ

スタッフ日記

寺子屋のワークショップで、宇敬先生と作成した「祈」
これを12日に水俣に届けにました。

 

なんとありがたいことに、先日、珠寳先生が献花して下さったお部屋(水俣病で亡くなられた方のお位牌が安置してある部屋です)に、飾っていただけました。
image1 (13)

そして竹灯篭もこうして使っていただきました。image2 (10)
image2 (11)

竹灯篭は、13日の迎え火に。
その灯りで迎えた精霊さまに「祈」を。
そして今日16日に竹灯篭の送り火、と使っていただいてます。

 

今回のワークショップからキャンプは、こどもたちが水俣を通して「命」や「生きること」を考える機会となりました。

ワークショップを開いてくださった珠寳先生・宇敬先生、本当にありがとうございます。
そして相思社の皆さん、温かく迎えて下さり、また作品も活かしていただき、ありがとうございます。

これからも水俣のこと、こどもたちと考えていきます。

 

(寺子屋)

image1 (14)(作品を届けたあきら先生と相思社の皆さん)

ページの先頭へ

イベント報告

寺子屋キャンプ⑤

相思社をあとにして、向かったのはエコパーク。
水銀ヘドロとお魚たちが埋め立てられている場所です。
image1 (13)

image2 (10)

 

水俣への旅は、こうして終わりました。

今回は本当に多くの方に支えられたキャンプでした。
本当にありがとうございました。

 

(寺子屋)

ページの先頭へ

イベント報告

寺子屋キャンプ④

さて、水俣での寺子屋キャンプ。
最後は、珠寳先生の献花。

 

相思社には、水俣病で亡くなられた方のお位牌を安置するお部屋があります。
そのお部屋で献花がありました。
いつもの献花以上に、緊張するこどもたち。
この場所でそれぞれに学んだことが、この献花の意味を深めたのでしょうか。image1 (12)

image2 (9)

 

 

image2 (9)

今回の花は、当法人の理事長であり相思社の理事である緒方俊一郎が育てた花と、キャンプの道々で摘んだ花。そして寒川水源の水と冷水水源の水が使われました。
(冷水水源については、また後日ブログアップしますね。)

 

 

献花が終われば、いつもの通り。
興味津々にお花を見ています。CIMG4264

image1

 

この後に、前日に作った竹灯篭をプレゼントしました。
この竹灯篭、前日の宇敬先生のワークショップの時間に作ったもの。
墨で水俣へのメッセージをそれぞれ書いています。image1 (12)永野さんからお話もいただきました。
ありがとうございます。

 

そして、最後に記念撮影。IMG_1887

珠寳先生・宇敬先生、本当にありがとうございました。
対応して下さった相思社の皆さん、お世話になりました。
この経験は、こどもたちにとって宝物です。

8/26に寺子屋の発表会をします。
この模様は、またこちらのブログで。

(寺子屋)

ページの先頭へ

123

カテゴリー

月別アーカイブ